2022.1.20:日刊産業新聞に掲載されました

大型クレーンのワイヤロープ 中村工業が交換事業開始
出張加工を全国展開

ワイヤロープ加工販売の中村工業(本社=大阪市大正区、中村哲也社長)は、今年から大型クレーンのワイヤロープ交換・出張加工事業を始めた。屋外の工場や造船所など、現地での交換が可能。近年、交換業者の高齢化により人手不足が問題となっていた。1年間で40―50日の出張加工を目指し、日本全国に展開していく。

ワイヤロープ交換工事にともなうロープや吊具もセットで用意でき、ワイヤロープの端末加工のノウハウを持つ同社だからこそ一貫でできる事業となっている。重量物を巻き上げるホイストや天井クレーン、造船所で主に使用されるジブクレーン、港湾用のコンテナクレーンなど、幅広く対応する。

同社では、新事業開始にあたって職人を採用。1級ロープ加工技能士というロープ加工に必要な高度な技術を証明する国家資格を所有しており、どんなロープにも対応できるという。

今後、インターネットやパンフレットでPR活動を行っていき、社員の育成にも力を注いでいく。同社では、2022年の目標の一つに「クレーンロープの交換&出張加工」を挙げており、ワイヤロープや吊具の拡販につなげる考えだ。

中村社長は「ワイヤロープの交換から端末加工まで一貫で行えるのが中村工業の強み。大型クレーンロープ交換事業を一つの柱として育てていきたい」と意気込む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。